債務整理の依頼は弁護士が万能!?リスクを回避出来るのです

債務整理は弁護士に依頼すると楽です

債務整理の方法には、任意整理・個人再生・自己破産など様々な方法がありますが、司法書士は140万円以内の案件しか扱えないので自己破産するような高額な借金については、扱えるものと扱えないものが分かれてしまうでしょう。何より債務整理を行う上で訴訟を起こされるリスクが常にあるので、弁護士へ依頼しておけば代理人として活動出来るので日常生活を再建しやすくなるのです。法律上必要なアドバイスを常に受けられることから、早めに依頼した方が良いですよね。

自己破産手続きも代理人として手続き可能

自己破産手続きを弁護士に依頼すると、本人の代理人として手続きしてもらえます。司法書士では本人の代わりに申立書類を作成することになるので、免責審尋には本人が出廷する必要がありますが、弁護士は本人の代理人として手続き可能。途中で訴えられた場合の対応も早く、そのまま委任状1つで対処してもらえます。司法書士の方が費用は少し安いですが、140万円以上の金額で訴えられた場合には対応が出来ず弁護士へ依頼し直す必要があるので二度手間になってしまうのです。

過払い金返還請求は先に行う必要があります

債務整理を行う際に、債務調査の結果として過払い金が発生している場合には、債務整理に先立ち過払い金返還請求訴訟を提起する必要があります。過払い金返還請求訴訟で取り戻したお金を弁護士費用に充てることも出来るので、自己破産費用が無くて分割払いしている場合には途中から充当することも出来て費用が安く済みます。過払い金の金額次第では自己破産する必要が無くなる場合すらあるのですよ。借金に悩んでいる場合には、総合的な判断が可能な弁護士へ依頼すると何かと楽ですね。

鹿児島の弁護士は交通事故や債務整理の解決策を提案してくれます。初回であれば無料で相談してくれるので頼もしいです。