相続税の手続きは面倒!税理士などと相談して早めに準備しよう!

相続税とは?すべての人が払うもの?

身近な人が亡くなったときには、その人の財産がどのくらいあるのか把握しなければなりません。相続できる財産は、お金などの資産や不動産だけではありません。借金やローン、葬儀費用などマイナスになるものも含まれます。では、亡くなった人から相続を受けたり、遺言書などを受け取り財産が回ってきたときには、必ず相続税を支払わなければならないのでしょうか。受け取った遺産の金額が基礎控除額を超えたときにだけ、相続税を支払います。

相続税はどのように申告すれば良いのか

相続税を納めるときには、被相続人の住所にある税務署に申告を行います。この期限は被相続人が亡くなった日から10ヶ月以内と定められています。期限を過ぎてしまうと、延滞税を支払わなければなりません。また、原則として現金での支払いとなります。相続税の申告にあたっては、大きな労力がかかります。書類の作成や名義変更の手続きなど、様々な不安な場面に直面するでしょう。専門の税理士事務所に依頼することで、申告をサポートしてもらい、負担を減らすことができます。

相続税の準備は早めに行おう

相続税の準備は、家族で話し合いをして早めにしておくことをおすすめします。税理士に相談するのも有効な手段です。被相続人が所有する土地が実は複数あったため、金融資産と合わせると相続税がかかってしまったといったケースは多いです。また、相続税を納めるときにはいくつかの種類の税控除が用意されています。たとえば配偶者には後の生活保障という観点から大きな額の控除があります。また、居住用の住宅は一定の面積までであれば、土地の評価額を少なくできる制度もあります。このようなことを知っておくと良いでしょう。

相続についてお悩みの方、面倒な申告を自分でするのは、時間も掛かるし間違いの有無も心配です。それならば相続の申告を税理士に任せてみてはいかがでしょう、やはり専門的な事は専門家に任せるのが安心です。