どういった点が良いの?信用取引が利用されるワケ

信用取引は危険だから手を出してはいけない!?

株取引に携わる人でなくとも、ニュースなどで一度は「信用取引」という言葉を聞いたことがあるでしょう。一方で信用取引については、全財産を破産させることがある大変危険な取引手法だという認識が独り歩きしている場合があります。確かに信用取引はハイリスクですが、単に破産を強いるだけの取引ならば誰も手を出そうとはしないでしょう。ハイリスクを補って余りある魅力があるため、信用取引は現在でも珍重されて活用され続けているのです。

信用取引はレバレッジを効かせることができる

現物取引では、株を購入する際には株価と同額の代金を用意する必要があります。しかし、信用取引はレバレッジ取引であるため、用意する資金は株価の何割かで済ませられます。つまり、信用取引で出る可能性がある損失を埋め合わせることができるだけの資金さえあれば、株取引を行うことが可能なのです。株取引において必要十分な利益を得るにはある程度の運用規模が必要になりますが、信用取引では用意した資金の3倍程度の規模の取引まで行うことが可能になるため、とても魅力が大きいのです。

信用取引最大の魅力は空売りができること

信用取引の最大の魅力は、何と言っても「空売り」ができることです。信用取引では証券取引所や証券会社から株そのものを借り、それを市場に投入して取引を行うことができます。株を借りてそれを売り、値段が安くなった所で買い戻して返済すれば、その差額が投資家の利益となります。つまり、株取引を売ることから始められるのです。現物取引のみでは株価が上昇する際しか利益が出ませんが、信用取引で空売りすることによって、株価の下落局面でも儲けることができます。つまり、信用取引を活用すれば、利益を出す可能性が広げられるのです。

信用取引とは、こちらが用意したお金や株式等を担保に証券会社からその価値以上のお金を借りて運用する取引です。効率的に利益を狙える半面、損失も大きくなる特徴があります。